ウノモト第3ビルディング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウノモト第3ビルディング

生活に もひとつプラスの情報館 なんだか生き方イイ感じ

スポンサーリンク

「レシートはご利用ですか?」この答えが大きく左右すること

f:id:unomoto3:20170405144048j:plain

 

どうもウノモトです。

 

コンビニでも、ファミレスでも、お会計済ませますよね。

そのとき「レシートはご利用ですか?」って大抵聞かれます。

 

たぶんこうやっていちいち聞くってことは、レシートを貰わない人が多いんじゃないかなあと最近思ったんですよね。僕はちゃんと毎回もらいます。

 

ほんとにちょっとしたことかもしれないけど、このちょっとした習慣を変えるだけでも大きな変化になるよという話です。

 

 

僕がレシートを必ずもらう理由

 

出費が把握できる

 
何にどれだけお金を使うかはとても大事なことです。
何も意識していなければ小さな出費が重なり「あれ、なんでこんなにお金ないんだろう?」という事態におちいってしまいます。
 
例えば、帰り道「ちょっと小腹がすいたなー」と言ってコンビニで買うそのドーナツ、本当に必要ですか?いやいや100円くらい良いじゃないの〜なんて言ってるからどんどんお金が減っていくんです。たかが100円、されど100円ですが、しかしお金を使っていることに変わりはないのです。
 
レシートをもらって、何かしらの記録をつけて出費を「見える化」することは、自分のお金に対して責任を持って向き合うってことなんです。きちんと反省材料を揃えておくことで始めて、自分のお金を管理することができるんです。
ぞんざいに扱っていると、お金に嫌われますよ。
 

無駄な出費が減る

 
そして向き合うことによって、徐々にですが意識が変わりだし、無駄な出費が自然と減っていきます。「コンビニのドーナツもいいけど、ちょっとだけ我慢して、お家に帰っておにぎりでも作ろう」という意識に向かっていきますよ。
 
つまり、「その出費、本当に必要?」というワンクッションがどんな場面にでも生まれてくるのですよね。そうなってくると衝動的な無駄使いがみるみるうちになくなっていきます。
 
いちばん効果的な節約術は、どれだけ安く買うか、ではなく、いかに買わないか、なのですよ。
 

むしろお金を使えるようになる

 
意外なことかもしれませんが、レシートを貰い、さらに記録しておく習慣があると、思い切った出費ができるようになります。それはどうしてかと言うと、例えば月の予算の中でまだこれだけ残ってるという把握が出来ているからなんですね。
 
「これ、すごく気にいったんだけどちょっと高いなあ」なんて服を見つけても、この範囲なら使っても良いという明確な根拠が生まれています。なので買うにしても迷いがなくなるんですよね。安物でそこそこの満足よりも、本当に気に入ったものを買ったほうが満足は断然高いじゃないですか。
 
そんな積み重ねが、生活をより良いものにしてくれると僕は思うのですよね。
 

レシート習慣をはじめてみよう

 

まずは、もらうところから

 
では実践編です。まずは明日から、ではなく今から、何かお金を使ったらレシートを貰うように心がけてください。もう全部です。
たまーにレシートを渡さない店員さんとかいますけど、何としてでも奪い取りましょう笑
 
あとはお財布のこのポケットに入れておくとか、貰ったあとの居場所を決めてやると定着しやすいです。
 

記録してみる

 
もらうだけでも十分な進歩ですが、もう一歩進んで記録をつけていきましょう。
 
スマホのアプリは探せば色々ありますので、何かつけやすいものを選んで毎日やってみましょう。僕は「支出管理」というアプリを使っています。一日の終わりやどこかのタイミングで、お財布に入ってるレシートを淡々と記録していきます。
 
そもそもレシートがないもの(自動販売機など)は、使った時点で忘れないうちに記録しておきましょう。
 
カテゴリに分けて記録しておくと後でレビューがしやすいですね。
 

振り返りをしてお金と向き合う

 
そして何事も振り返りが大事なのですが、これに関しては毎月末なんかに少し時間をさいてやる必要があります。きちんと、時間をかけて自分のお金と向き合うのです。
 
アプリ上でレビューを行ってもいいのですが、僕はアプリからデータをエクスポートしてExcelファイルに記録して家計管理を行っています。これに関しては今回書きませんが、何にせよそれぞれのやり方で使ったお金と向き合うべきです。
 
見るべきポイントは3つ。過去、現在、未来のフレームワークですね。
「前回の振り返りから今までにどれだけお金を使ったか?」
「今、使えるお金はどれだけ残っているか?」
「これから、どんなことにお金を使っていきたいか?」
 
ここまでやってみると、もうそれはそれはかなりお金と仲良くなれますよ!
 

ちりも積もれば豊かな暮らし

 
実際、主婦でもなければ多くの人がお金に無頓着だと思いますし、そのくせ「お金がない〜」なんてことを言い続けています。
小さなことから積み上げていってこそ、意識的になることができて、豊かな生活が望めると僕は思うのですよね。
 
この記事で少しでもハッとしていただければ嬉しいです。今からでも始めてみましょう。
 
またね。