ウノモト第3ビルディング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウノモト第3ビルディング

生活に もひとつプラスの情報館 なんだか生き方イイ感じ

スポンサーリンク

アナログレコードで聴きたい、初夏を感じる邦楽の名盤3選

 

どうもウノモトです。

不定期開催DJウノモトです。

 

最近は気温も暖かくなってきて、夏が見えてきたような気がします。

 

そんな初夏の季節、窓を開け放つと入ってくる気持ちいい風を感じながら、音楽を聴いてみるのはいかがでしょうか。

レコードに針を落とすのが良さげな名盤を紹介します。

 

 

 

風街ろまん/はっぴぃえんど

 

 

言わずと知れた日本語ロックの名盤ですね〜。

一家に一枚あると安心。カーテンが揺れるのを眺めながら、いつまでも聴いていたいような空気感すら、このレコードははらんでいます。

 

71年発表の作品ですが、今でもまったく色褪せることはありませんし、これからもないでしょう。日本の音楽史に渾然と輝くマスターピース。

 


Happy End - Kaze wo Atsumete

 

海外での評価・知名度も高く、UKのインディ・ロックバンドYUCKの「夏なんです」のカバーもなかなか良かったりします。

 

www.youtube.com

 

風街ろまん

風街ろまん

 

 

ソングス/シュガーベイブ

 

 

もう、奇跡的な音しか入っていないです。山下達郎のセンスには脱帽するしかない。

都会的で、どこまでもロマンティックで、若くて瑞々しい光のようなメロディに、完全にやられてしまいます。

恋の始まりのようなきらめきに満ちていてウットリするんですよね。これを聴きながら料理を作るのがお気に入りです。

 

www.youtube.com

 

最近流行り(もう過ぎたかな?)の格好だけは小洒落たシティ・ポップを聴くよりもこれを聴こう。そんなものより、ずっとハイになれますよ。

 

SONGS 30th Anniversary Edition

SONGS 30th Anniversary Edition

 

 

ヘッド博士の世界塔/フリッパーズ・ギター

 

 

渋谷系の代表格、フリッパーズ・ギター!

1枚目と2枚目のネオ・アコースティック路線のアルバムも素晴らしいけど、このラストアルバムが1番好きですね。

91年発表の今作、何がすごいって当時のUKのシーン(特にマンチェスター)と完全にリンクしていたということですよね。

ここまでの同時代性、当時の日本では信じられないことだったんじゃないかと思います。

 

www.youtube.com

 

気だるいのに涼しげで、クールなのにめちゃくちゃ狂ってる。

一筋縄ではいかないこの世界観に浸っているうちに夏がやってきそう。

 

ヘッド博士の世界塔

ヘッド博士の世界塔

 

 

 

その季節によって合う音楽ってありますよね。

音楽によって、そのときどきの情感が増すような気がするんですよねー。

 

ぜひとも音楽と一緒に、いい感じの初夏を過ごしてください。

 

それではまた。