ウノモト第3ビルディング

ウノモト第3ビルディング

生活に もひとつプラスの情報館 なんだか生き方イイ感じ

スポンサーリンク

お金=幸せじゃないけど、お金と仲良くなることはぜったい必要だよね

 

どうもウノモトです。

 

お金、好きですか?僕は大好きです笑

 

お金、お金、お金。お金は多くの人に長い間付きまとってくる問題です。

お金が好きだという人も、あまり大声で言いにくいんじゃないかなと思います。

「お金は汚い」とか、「がめついのは嫌だ」というイメージがありますからね。

 

しかしお金とは絶対に仲良くなっておく必要があるんと思うんですよね。今日はそんな話をします。

 

 

そもそも、幸せって何だ?

 

僕たちはおおむね、幸せに生きたいと願っています。でも幸せの定義って難しいですよね。

恋人がいるとか、家に帰れば暖かい家庭があるとか、仕事が充実してるとか、人によって様々だと思うんです。

 

でも一つ言えることは、幸せには何かしら、最低限の条件、土台のようなものがあるということです。

 

その中でも重要なことの一つだと思うのはストレスが少ないこと。

心理的なストレスや肉体的なストレスなど、ストレスとはあらゆる抑圧を含みますが、金銭的なストレスというのは少なくないと思うんです。

 

お金の不安、こういうものがなくなれば、生活なんてのはかなりゆるやかに生きられると思うんですよね。

そのためにはきちんとお金と向き合って、ちゃーんと考えてく必要がある。

何にお金を使って、何からお金を得るか。そのあたり前のことに無頓着な人が多すぎるなあと感じます。そのくせ、お金で悩んでる人は多いのですよね。

 

お金は制限を外し、人生の選択肢を広げる道具

 

例えば何か理想を掲げて行動を起こすとしてもお金が足かせになっていては全くスピード感もないし、実現の可能性も大きく違ってくると思うんです。そういうのって、嫌じゃないですか。

 

なぜ僕がお金に興味を持つようになり、考えるようになったかと言うと、この社会においてはお金がすなわち力になるからなんですよね。やっぱり自分の理想を実現するためにはタフになる必要があり、そして金銭的な問題は解決し続けないといけない。

 

そのことに気づけば、お金というのはもっと身近で、そして自分の味方にするべき存在なんだと分かるのではないかなと思います。

 

金に人生を食われるな

 

大人を見ていて思うのは、自分自身の理想もフィロソフィもなく、ただお金のために自分をすり減らして、その稼いだお金で自分を慰めるだけの人が多いように見える、ということです。

 

トルストイの『人生論』を読めば分かると思うのですが、そんなのって、本当の幸せだとは思えないんですよね。

世界に対する意志を持ってこそ、本当の幸福への一歩が始まるのであって、あくまでお金はその手段なんです。

 

そんなことを、私ウノモトはもっと考えていきたいなあと思う迷える日曜日なのでした。

 

またね。