ウノモト第3ビルディング

ウノモト第3ビルディング

生活に もひとつプラスの情報館 なんだか生き方イイ感じ

スポンサーリンク

週に一度考える。人生が2倍になる振り返りのススメ

 
どうもウノモトです。
 
月火水木金土日、一週間という一つのサイクルが何周も回り続けるのが僕たちの生活です。
 
平日の間仕事や勉強などの活動を頑張って、週末は休息にあてたり、どこかにお出かけをしたりするのが一般的ですね。そしてまた平日の慌ただしい日常に帰っていく。
 
この繰り返しこそが多くの人間がかかえる生活であり、人生だとすれば、より良いサイクルに改善していく方法を持っていても損はないはずです。
 
そのための方法の一つとして、毎週末に振り返りを行うことを今回僕はすすめたいと思うんですね。なんとなーく日常に飲まれているなという方、必見です。
 

漠然と過ごすだけでは、いずれ不安が生じてしまう

 
今はとても忙しい世の中です。
何かにつけて情報過多であるし、ともすれば何気なく1日が終わり、「気づけばもう今月も終わりか…早いよねえ」なんて言っている。そんなことも少なくないですよね。
 
もちろん、それでも十分楽しくて、充実した日常は送れると思うんです。でも日常の忙しさに身をゆだねているだけでは、そのうちに漠然とした不安感が生じてきます。
 
例えば楽しい飲み会の帰り道、ある日ふと考えることでしょう。「自分は何をやっているんだろう?自分は、人生はどこに向かっているんだろう?」というような不安です。
 
今のままでもそれなりに楽しくやれてるけど、本当にこれで良いのかな?なんて心の声がいつまでも尾を引いてくると、もはや幸せとは言えませんよね。
 
この人たちの問題は、自分がどう歩んできたのか、そしてどこへ歩んでいくのかが分かっていないということです。まさしく日常に飲まれ、流されている状態ですね。
 
 

生活を考えることが必要だ

 
漠然とした不安を抱えたまま生活を送らないためにも、僕はこまめな点検をオススメします。少しの時間でも良いので、生活そして人生の点検をするのですね。
必要な工具は紙とペン、あるいはパソコンだけ。
 
メモをとりながら、自分の過去、現在、そして未来について思いを巡らせます。自分が何をしてきて、今はどういう状態で、そして次は何をしていくのか。
 
これらのコトを考えるだけでも漠然とした不安は和らぐでしょう。きちんと意識的に過ごすようになることが、自分の人生を生きているという実感につながるんですよね。
 

週末に少しだけでも時間を割く

 
そしてこのワークアウトを実践する時間としてオススメなのが週末です。一週間頑張ったあと少し遅くまで寝ているのもいいのですが、そこを早起きしてみる。週末の1,2時間を、考える時間にしてみませんか?
 
なぜ週末が良いかと言うと、一つには時間が確保しやすいというのもありますが、やはり区切りが良いということに尽きます。
 
それまでの1週間を振り返り、何か改善できることはないか考え、それを来週に活かすということができるのが大きなメリットですね。PDCAサイクルが回っている状態です。
 
それだけやれば自分の最低限やるべきことも見えてきます。最低限が分かれば、思い切り遊んだりすることも休むこともできます。自分の持っている余裕が把握出来ていますからね。
あるいはさらなる高みのために勉強してもいいでしょう。自分が今どこで詰まっているのかがわかれば、あとはそれを解決するのみです。
  

人生は限りなく無限に近い有限

 
人生はもちろん有限です。しかし技術の発達によるおかげで、現在の若い世代の推定寿命は100歳まで伸びるとも言われています。なんだか想像できないくらい長い時間ですよね。
しかしこの無限とさえ思える時間を漠然と使うのか、あるいは意識的に使っていくのとではその内容に2倍、3倍の差が出てくると思うんです。
 
少しだけでも自分の生活(ひいては人生)を考えることが、その先の未来を明るくしてくれる。このことを念頭に置いて、ここはひとつ、週末に時間を割いてみてはいかがでしょうか。
 
それではまた。
 
 

 あわせて読みたい

 

www.unomoto3.com

 (考える事の重要性。めんどくさくても、逃げちゃいけないよね)

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 (著者は週末の過ごし方として「レクリエーション」ではなく「リ・クリエーション」を推奨しています)