ウノモト第3ビルディング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウノモト第3ビルディング

生活に もひとつプラスの情報館 なんだか生き方イイ感じ

スポンサーリンク

筋肉のためだけじゃない。続けて分かる筋トレの意外な効果5つ

 
どうもウノモトです。
 
僕には去年の夏ごろから続けていることがあって、それは筋トレです。
 
筋トレといってもガチのやつじゃないですよ。
2,3日に一回時間を割いて、もうホントに自分の部屋でできるレベルのものをやるだけです。
(一時はジムに行ってみたりもしたのですが、続きませんでした笑)
 
最初は「おし!筋肉つけて生まれ変わってやる!」という意気込みがあったのですが、そう簡単に筋肉はつきません。
というのも僕はどちらかというと虚弱体質の、まあいわゆる姿勢の悪ーい草食系で、こういうタイプの人間によくある話で筋肉がつきにくい体質なのですよね。
 
しかし諦めずに筋トレを続けているうちに、副次的なメリットがあることに気が付きました。肝心の筋肉の方に大きな変化がなかったとしても、です。
何も筋肉をつけてゴリマッチョ!!みたいな体型になるだけが筋トレではないのですね。
 
これは特に筋肉への憧れがない女性にも知ってほしいことです。
筋トレをやってみると、肉体よりも生活が変わります。
 
 

すぐに変わること

ぐっすり眠れる

 
筋トレを行った日はぐっすりと眠れます。それこそストン!と眠りに落ちます。
 
それも当たり前の話で、日中の体温が高まるからなんですね。
 
人間には体温のリズムがあります。日中は体温が上がり、夜寝る頃になると下がって、また起きて活動する頃になるとまた上がるというものです。
 
そして、筋トレをすると体温は嫌でも高くなります。
これはつまり日中の、眠っていない時間の体温を上げるということで、そうなると体温のリズムが正常化されるのですよね。
 
なのでちょっと不規則な生活を直したいという人にも、睡眠のリズムを得るためには筋トレがオススメなんです。
 
 

食事が変わる

 
せっかく筋トレをしたんだからと、筋トレをした日にはきちんとしたものを食べるようになります。
 
筋トレをするということは身体の筋肉を一時的に壊すということで、それを修復することによって筋肉が増えていくというのが身体の仕組みなのですが、修復をするためにはやはり栄養が必要です。
 
なので身体は「筋肉壊れた!栄養ちょうだい!」とメッセージを発してくるんですよね。
本当に身体に必要なものがはっきりとするので、毎食きちんと食べる習慣もついてくるんです。
 
そうなるとジャンクフードやスナックともおさらば。
お魚やお肉を食べて、モリモリ栄養を摂りましょう。
 

徐々に変わってくること

 
さらに1ヶ月、2ヶ月と続けてくると、徐々に身体に変化していきますよ。
 

姿勢がよくなる

 
これは劇的な変化です。
 
僕は昔からかなり猫背気味だったのですが、筋トレを始めてしばらくすると、「最近姿勢がよくなったね」と言われることが増えました。
 
姿勢を支えているものはズバリ筋肉です。お腹と、背中の筋肉ですね。
 
腹筋や背筋、スクワットを続けることで体幹がしっかりとしてきて、良い姿勢を保つことが苦ではなくなります。
 
やはりどれだけ意識を持っていても、肝心の筋肉がないと良い姿勢って続かないんですよね。だから少しでも筋肉がつくと姿勢がよくなるのです。
 
シャキッとした姿勢で、外見の印象が高まりますよ。
人は見た目が9割と言いますからね。
 

冷えがなくなる

 
身体の体温を生み出している大きなものの一つに筋肉があります。
というのも、筋肉は熱エネルギーを生み出しているんですよね。
 
ふと気づいてみると、一年前よりも着ているものが少なかったのです。
 
寒い冬もTシャツ一枚でへっちゃら!というほどではありませんが(よく外国人にいますよね笑)、明らかに寒さに強くなりました。
 
冷えがなくなると、寒い冬でもオシャレを楽しめますよ。
 
 

精神的な変化

 

自信がつく

 
筋肉が少しずつついてくるに従って、自信もついてきます。
 
身体の安定感は、すなわち精神の安定感でもあるのですよね。
 
僕は多少ヘコむことがあると引きずることが多かったのですが、今では違います。
少し時間が立てば堂々として姿勢で歩くことができますね。
 
精神と肉体は別々のものではなく、つながっているのだと実感しています。
 
肉体を整えることで、精神も整ってきます。
 

まずは、やってみよう

 
筋トレに対して少し見方が変わりましたか?
 
何もスポーツや筋肉に対するこだわりがなかったとしても、筋トレというのは生活を整えてくれるメソッドになりうるのです。
 
まずは腹筋、背筋、スクワットなど簡単なものから始めてみてはいかがでしょうか。
 
またね。